朝ごはん

朝の一杯はタンブラーで!温かい飲み物も冷たい物も美味しく飲めるおすすめタンブラー10選

いつの頃からかコーヒーショップが街に現れだし、コーヒー好きのみなさんにとってはうれしい街並みになってきましたね。
店内で温かいコーヒーを飲んでひと息ついたり、ドリンクをテイクアウトしたりと楽しめます。
その際にはみなさん、コーヒーショップに、マイタンブラーを持ち込んで使ったりしませんか?

目次

タンブラーとは

タンブラー

タンブラーを英語で表記すると「tumbler」で、元々の意味は、タンブラーグラスというガラス製のコップからきています。
昨今、タンブラーとして多くの方が使っているものとは、少し認識が違いますね。

近ごろ「タンブラー」と呼ばれているものは、金属やプラスチック製などの素材を二重構造にすることで、ある程度の保温性を保てる容器であり、筒状で底が平たい形状をしており蓋がついているものが多いのが特徴です。

水筒は完全密封でき、飲み物がこぼれない造りになっていて、ピクニックなどのアウトドアに長時間携帯する容器として最適で、さらにカバンなどに入れておいてもOKですが、一方タンブラーは、完全にこぼれないような気密性の高い造りではありませんが、保温性を維持しているのでデスクワークなどでも適温のおいしいドリンクが飲めるようになっています。
最近では、タンブラーでも水筒のように気密性が高いものもありますね。

持ち運びもカバンなどに入れて持ち歩くというより、手持ちで運ぶといったスタイルです。

マイタンブラーをコーヒーショップに持参すると、割引サービスをしてお得になるお店もあり、マイタンブラーを持っている方も多くなりましたね。

タンブラー選びのポイント

タンブラー

タンブラーが、朝の一杯やデスクワークなどの日常生活にピッタリの容器だとわかったところで、どんなタンブラーを選んだらいいのでしょうか?

素材

タンブラーの素材で多く見かけるのがステンレス製で、ほかの素材よりも熱伝導率が低いので、ドリンクの温度の状態をなるべく長く保ちたいという方にはおすすめです。

ステンレス製以外で多く見かけるのは、プラスチック製でしょう。
プラスチック製は、ステンレス製に比べると保温性は高くありませんが、プラスチックの二重構造になっているタンブラーは比較的温度が保てる方ではあります。

保温性で選ぶならステンレス製が一番ですが、プラスチック製の方がステンレス製に比べて軽いので、手軽に持ち運ぶことができるというメリットがありますね。

温かい飲み物を保ちたいのか、手軽に持ち運びたいのかの、どちらかを優先させるのかで素材をチェックするといいですね。

容量

タンブラーの選び方でチェックするポイントの一つに、容量があります。
ふだん、どれくらいの量を飲んでいるのかが基本になるかと思いますが、飲むときの環境でも変わりますね。

オフィスやデスクワークで飲みたいときには大きめの容量がおすすめですが、あまり大容量になってしまうと持ち運ぶのに不便な面もあるので、いつも飲む量より1つ大きめ程度に抑えた方がいいかもしれません。

タンブラーの大まかな容量の目安ですが、小さいもので250ml、中くらいのサイズが350ml、大きいサイズは500ml程度です。
コーヒーショップでふだん注文している量に近い容量のタンブラーを目安にするのがおすすめですね。

デザイン

シンプルなタンブラーでも、そのままで絵になるようなおしゃれな雰囲気のものがたくさんありますが、プラスチックの二重構造になっているタンブラーなら、中の台紙を自分で変更できるので、オリジナルのタンブラーを持つことができます。

機能性を重視する方は、ステンレス製が最適かと思いますが、ステンレス製に比べると保温性は高くありませんが、タンブラーをおしゃれにカスタマイズしたい方は、断然プラスチック製の二重構造をおすすめします。

憧れのタンブラーブランド

タンブラー

タンブラーも種類豊富になると、選ぶのが難しくなりますね。
でも、タンブラーを買うなら憧れのブランドでと決めている方も多いのでないでしょうか?

  • スターバックス
    男女問わず知れ渡っているのは、「スターバックス」のタンブラーでは。
    大きく分けてステンレス製とプラスチック製の2つのタンブラーがあり、機能は上記で述べたとおりです。
    種類が豊富で選ぶのもうれしい迷いになりそう。
    店舗限定のタンブラーもあるので、要チェックですよ。
  • サーモス
    魔法びんのパイオニアとして有名な「サーモス」のタンブラーは、スタイリッシュなデザインです。
    ふたは別売りで販売されておりカラフルなバリエーションから選べます。
    自分好みのタンブラーに仕上がりますね。

ほかにも、たくさんのタンブラーがありますので、下記にてご紹介していきます!

おすすめのタンブラー10選

サーモス 真空断熱タンブラー

サーモス 真空断熱タンブラー
魔法瓶メーカーの「サーモス」のタンブラーは、魔法瓶構造だから飲み頃が続きます。
氷を入れても結露しないのがうれしい。
コップ代わりにふだん使いできる、シンプルなデザインがスタイリッシュ。

ドウシシャ タンブラー ふた付き

ドウシシャ タンブラー ふた付き
真空断熱二層構造なので、高い保温性を維持する「ドウシシャ」のタンブラーです。
飲み口にパッキンが付いているので、完全密封でき中身がこぼれにくい。
大手のコンビニチェーン店のコーヒーマシンの、アイス、ホット、ラージ、レギュラーに対応していますよ。

象印 魔法瓶 ステンレス タンブラー

象印 魔法瓶 ステンレス タンブラー
「象印」の魔法瓶メーカーのステンレスタンブラーです。
保温力が高いので、飲み物の適温を長くキープし、いつでもおいしく飲めます。
なめらかな飲み口で、やさしい口当たりです。

タイガー 水筒 ステンレスタンブラー

タイガー 水筒 ステンレスタンブラー
魔法瓶「タイガー」のタンブラーは、水筒のように気密性の高さを維持し夏はアイス、冬はホットが楽しめます。
大きな氷もすっぽりと入れられる広口タイプで、お手入れも簡単。
ワンプッシュオープンのふたなので、片手で操作できますよ。

Starbucks coffee スターバックス ステンレス ToGoロゴタンブラー

Starbucks coffee スターバックス ステンレス ToGoロゴタンブラー
「スターパックス」のペーパー型のステンレスタンブラーです。
ペーパーカップのように質感はマット。
真空二重構造なので保温性が高く、いつでもおいしい飲み物が飲めます。

HARIO (ハリオ) タンブラー フタ 付き V60 ウチマグ

HARIO (ハリオ) タンブラー フタ 付き V60 ウチマグ
コーヒードリッパーを直接のせることができる「ハリオ」のタンブラー。
ふたを付ければ、オフィスでのデスクワークのお供として最適。
結露しにくい二重構造になっています。

和平フレイズ タンブラー

和平フレイズ タンブラー
「和平フレイズ」のタンブラーは、ステンレス真空断熱二重構造なので、飲み物の適温を長持ちします。
アイスやホットの温度を外側に感じさせない造りになっていて、手に負担がかかりません。
250ml、470ml、630mlとサイズがあるので、自分好みを選びましょう。

前畑 サーモタンブラー ペア

前畑 サーモタンブラー ペア
「前畑(Maebata)」のペアタンブラーです。
真空断熱二層構造になっているので、中の熱さが手に伝わりません。
オリジナルギフトボックス入りなので、贈り物としてもおすすめです。

KINTO (キントー) トラベルタンブラー

KINTO (キントー) トラベルタンブラー
「KINTO (キントー)」のトラベルタンブラーの本体は、ステンレスの二重構造になっているので、保温保冷効果をキープします。
密閉性の高いふたで、持ち運びの適応力も高い。
ふたをはずしておいても、埃が入りにくい設計になっています。
自転車のドリンクホルダーにも納まるコンパクトなサイズ感は、使い勝手がいいですね。

スケーター 保温 保冷 サーモカップ 320ml マグカップ コップ タンブラー スヌーピー

スケーター 保温 保冷 サーモカップ 320ml マグカップ コップ タンブラー スヌーピー
スヌーピーのキャラクターがかわいい「スケーター(Skater)」のタンブラー。
内本体と外本体の二重構造になっているので、保温性は高めです。
コーヒーショップに持ち込んで使いたくなるタンブラーですね。

まとめ

コーヒー好きの方に重宝しているタンブラー。
すでにお持ちの方も、これから購入を考えている方にもご参考になれば幸いです。

  1. 朝ごはん

    【2019年度版】朝マックは何時から何時まで!?気なるメニューと価格も
  2. 汗拭きシート

    生活

    朝や運動時に使いたい匂い・効果に優れるおすすめ汗拭きシート10選
  3. 朝ごはん

    第1位はあの具材・・・お味噌汁の人気具材ランキング!
  4. 生活

    寝起きが変わる!光で起こしてくれる話題の目覚まし時計とは
  5. 朝ごはん

    朝のコーヒーはNG?!正しいコーヒーの飲み方とおすすめのコーヒー10選
PAGE TOP