朝活

忙しい人におすすめ!朝の5分で痩せる、ダイエットに効果的な朝の運動

みなさんは運動をしていますか?

元気でいたいと願う多くの方が、運動を日々の生活に取り入れていると思いますが、ダイエットを意識してという方も多いのでは。

時間に追われる現代人は、毎日の生活に運動を取り入れるのも難しいかもしれませんが、1日5分程度の運動であれば、どうにか可能だと思いませんか?

目次

朝の運動がダイエットにもたらす効果

朝 運動 ダイエット

ダイエットをしたいと思ったら、まずは運動からと考えますよね?

でも普段から日々の生活に運動を取り入れてない場合、運動をすることに対して腰が重くなってしまう方も多いと思います。
ただでさえ、あわただしいと感じる朝の時間帯に、「運動の時間を組み入れるとになると難しそう…」などと感じてしまいそうではありませんか。
それでも少しの時間であれば、始めやすいかもしれません。

朝に運動をすると、ダイエットにどんな影響を与えるのでしょうか。

眠気をスッキリ

朝の目覚めがスッキリとせず、頭がぼーっとしていて覚醒していない感覚におそわれたことがありませんか?

寝起きほど、睡眠欲が高まってしまうなんてことも多々あり、体を動かすどころか、また二度寝をしたいと思ってしまいますよね。
そんなときこそ朝に運動をする時間を取り入れて、脳を目覚めさせスッキリしたいものです。
運動を行うことで脳への血液の流れもスムーズになり、活発に過ごせる体へと整えていきます。

1日のスタートを頭がスッキリとした状態ではじめられると、体を活発に動かすことができ、ダイエットへの足がかりとなります。

脂肪燃焼しやすい

寝起きの空腹状態の体には、胃にもほぼ何もない状態ですよね。

運動をする場合のエネルギーとして使われるのが糖質ですが、寝起きの状態にはほぼない状態で、そこからエネルギーとして使うのは脂肪なのです。
つまり、朝の時間帯に運動することのダイエットのメリットとして、脂肪燃焼しやすい時間帯であるということです。

この朝のチャンスの時間を狙って、体脂肪を減らしたいものです。

腸のリズムを整える

朝に運動を取り入れることで空腹を感じ、朝食がおいしく食べられます。
朝はいつも食べないという方も、軽い運動をすることで空腹を覚えて朝食をとる。

つまり、今まで朝食を食べなかった方が1日3食をとることになり、バランスやリズムが整っていきます。
ダイエットをしたいと思う方こそ朝食抜きはせずきちんと3食とり、朝の運動を習慣化していきたいものです。

ダイエットに効果的な運動とは

朝 運動 ダイエット
ダイエットには食事制限なども効果的かと思いますが、やはり体をよく動かすことが大切ですよね。

食事制限などで一時的にダイエットに成功しても、リバウンドしてしまうケースがよくあります。
日々の生活習慣において食事面に気をつけることは大切ですが、食事制限だけでダイエットしようと思っても難しいものです。

そこで、運動をしようと決意する方も多いと思いますが、いったいどんな運動をしたらダイエットに効果的なのでしょうか?

有酸素運動と無酸素運動

みなさんもよく聞き慣れた言葉かと思いますが、運動には、「有酸素運動」と「無酸素運動」の2つの種類があります。

有酸素運動とは、軽度~中程度の負荷を筋肉に与えながら行う運動のことで、酸素を使って筋肉を動かすエネルギーで脂肪を燃焼させます。
たとえば、ウォーキングやジョギング、水泳などのスポーツです。

無酸素運動は、無酸素という言葉から酸素なしをイメージしそうな言葉ですが、もちろんそうではありません。
筋肉を動かすときのエネルギーに糖質をメインに使い、酸素を使わないことからそう呼ばれ、短時間で強いエネルギーを発揮する運動のことです。
たとえば、筋トレや短距離走などです。

2つを上手に取り入れる

有酸素運動だけ、もしくは無酸素運動だけでも運動にはかわりありません。
脂肪を燃焼したいのなら有酸素運動であり、そもそもの基礎代謝を上げたいということであれば無酸素運動です。

しかしダイエットにも少なからず影響を与えますが、できればこの2つの運動を組み合わせたものや、交互に行うなどすればダイエットに最適な運動になります。
無酸素運動で基礎代謝を上げつつ、有酸素運動で脂肪燃焼させることが、どちらかを単独でやり続けるよりダイエットに対してはスピーディーでしょう。

たった5分でOK!朝におすすめの運動

朝 運動 ダイエット

それでは実際にどんな運動をしたらいいのかをあげていきます。
なかには5分も必要のない運動もありますが、ぜひお試しください。

足踏み

どこにいてもできる足踏み。
朝の時間帯に足踏み運動を行えば、体温が上がり基礎代謝もUPさせます。

やり方はその場で足踏みでOKですが、足を上げるときには膝を腰の高さまで上げることが大切です。
朝の出勤前、登校前に足踏み運動をして、体を温めて新陳代謝を活発にしよう。

ジャンプ

その場で2分間~ジャンプするだけの運動で、時間はもちろん場所も省スペースでOK。
テレビを観ながら、音楽やラジオを聴きながらできるのでリラックスしながら運動できます。

基本的なやり方は、真っ直ぐ立ち腰に手をあて、音楽などにあわせてつま先だけで小刻みにジャンプします。
足腰の筋力を鍛えつつダイエットにもつながり、数週間後にはサイズダウンも目指せますよ。

スクワット

こちらも聞き慣れた運動だと思いますが、上記のようにスペースいらずで便利な下半身ダイエットです。

背筋をピンとして足は肩幅に広げ、お尻を突き出す形で腰をかがめ膝を曲げていき、太ももが水平になったら、徐々に元の体勢に戻します。
この動作を30回くらいから始めていき、50回くらいを目標にしてトライしてみましょう。

ストレッチ

もっと簡単に運動を試したいという方は、ベッドに横になりながらのストレッチはいかがでしょうか。

仰向けに寝た状態で、両手と両足を体と90度の直角に上げ、1分間ほど小刻みにプルプルとさせます。(いわゆるゴギブリ体操と呼ばれるものです)
全身の力をできるだけ抜き、リラックスした状態で行ってくださいね。
インナーマッスルを鍛え、美脚を目指します。

ヨガ

朝ヨガが世に浸透してから久しいですが、朝ヨガは交感神経へのスイッチをスムーズに切り替えて、1日のはじまりを気持ちよく過ごせることがメリットでしょう。
ダイエットを意識する方にも朝にヨガをすることが、体調を整えるチャンスにもなります。

ヨガのポーズは簡単ですが種類も多いので、自分がやりやすいポーズを探してみてくださいね。

まとめ

運動を続けるのは難しいと思いがちですが、朝の短時間だけなら続けられそうだと思えたでしょうか。
ダイエットを目指すみなさんに、ぜひご活用いただけたら幸いです。

  1. 美容

    忙しい朝だからこそ使いたい!朝パックのメリットと使い方
  2. 生活

    鏡の水垢があっという間に!!鏡の水垢(ウロコ汚れ)を楽々落とす便利アイテム
  3. 鼻毛カッター 手動

    美容

    鼻毛カッターは”自動”よりも”手動”がおすすめ!その理由とは?!
  4. 歯磨き 朝だけ

    健康

    歯磨きはお出かけ前の朝だけはヤバい?!正しい歯磨き習慣とは
  5. 生活

    朝にティファールのケトルは必需品?!ケトルならティファールを選ぶ理由
PAGE TOP